子どもがスマホを持つと、いろいろ不安…

子どもがインターネットに触れる機会が増えると、いろいろ心配。

子どもがインターネットに触れる機会が増えると、いろいろ心配ですね。スマホはパソコン以上に管理が難しく、見てほしくないページにアクセスしたり、ゲームに夢中になりすぎてスマホ依存になったり、知らずに課金されていたり…。ウイルス感染や個人情報の流出といったリスクもあります。

ペアレンタルコントロールとは

ペアレンタルコントロール“とは、“parental:親として”という英語の意味が示しているように、保護者が子どもに悪影響を及ぼす可能性のあるコンテンツやサービスに対して利用制限をかけることをいいます。
子どもにスマホを与える際は、さまざまなリスクがあることを理解した上で、

といったことを管理する必要があるでしょう。

アプリやサービスを利用して、子どもを守る

スマホには、そうした子どもに見せたくないサイトへのアクセスをブロックするフィルタリング機能やアプリの使用制限ができる機能、また携帯電話会社が提供しているペアレンタルコントロールアプリ、いわゆる機能制限アプリやセキュリティアプリなどの専用アプリ、サービスがあるので、そうしたものを活用したり、インストールしたりしておくと安心です。

ペアレンタルコントロールアプリを活用すると安心。

同じように格安スマホの場合も、こうしたペアレンタルコントロールアプリをインストールすることで、子ども用のスマホとして使えるようになります。
そのほか、ブラウザも大人が使っている規定のものではなく、あらかじめ有害サイトへのアクセスを制限しているブラウザに変更しておくといった方法もあるでしょう。

スマホリテラシーを身につけるために

危ないから、怖いからといって持たせない、使わせないということではなく、正しい使い方、どういう危険があるかをしっかり話し合った上で、保護者として必要な対策を講じ、管理すべきところは管理しながら、利用ルールを守ってスマホを使うことが大切です。それによって、子どもが自らスマホとどう向き合うかを学び、スマホリテラシーを身につけていくことができれば、子ども自身の成長につながるはずです。

ペアレンタルコントロール by マイセキュアへ