SIMって、なんでしょう?

SIMというのは、“Subscriber Identity Module(加入者識別モジュール)”の略。携帯電話番号を特定するための固有のID番号が記録されたICカードのことをいいます。

SIMカードの種類

これが、SIMカードです。このカードがないと、スマホやタブレットなどのモバイル端末で音声通話やデータ通信を行うことができません。

そしてSIMカードは、利用する端末や機種によって形状が異なります。「標準SIM」「マイクロSIM」、そして、いちばん小さいのが「ナノSIM」です。

SIMカードのサイズ

では、このSIMカードがないと、スマホは使えないということでしょうか?

いえ、そんなことはありません。スマホには電話以外の機能もあるので、Wi-Fiなどに接続すれば、インターネットを見たり、アプリを利用したり、IP電話をかけたりすることもできます。
厳密に言えば、SIMカードがないと、通信キャリアの回線に接続することができないということ。つまり、3GやLTEなどの通信キャリア回線を利用して電話やネットをするには、SIMカードが必要ということになります。
もっと詳しく

格安SIMとは?

では格安SIMと普通のSIMには、どのような違いがあるのでしょう。まず格安SIMというのは、
MVNO
“Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)”という事業者が低価格で提供しているSIMカードのことを指します。

MVNOについて

MVNOは、自社で通信設備を持たずに、大手通信キャリアから携帯電話の無線通信回線をまとめて借り受け、それを分けることで格安SIMユーザーにサービスを提供しています。つまり、 MVNOは無線通信のインフラだけを借りて、そこに独自の付加価値をつけたサービスをつくることで、ユーザーにさまざまな選択肢を提供しているのです。

MVNOをもっと詳しく

なぜ格安SIMは、安いの?

MVNOが提供する格安SIMの料金は、なぜ大手通信キャリアに比べて低額なのでしょう。MVNOが低料金でSIMサービスを提供できる理由は、簡単に言えば、次の3つにあります。

なぜ格安SIMが安いのか。1.通信回線をまとめて借りている 2.通信回線をまとめて借りている 3.データ通信量、通信速度を制限している

大手通信キャリアとの直接契約に比べ、一定期間あたりのデータ通信量に制約があったり、音声通話ができなかったり、データ通信の速度に制限があったり、SNSが利用できないといった機能制限があったりします。

格安SIMの、よいところ・残念なところ

余分なものを省いて、毎月のランニングコストを抑えることができるのが、格安SIMの“格安”なところ。でもその一方で、 “格安”ゆえに犠牲にしなければならないところがあるのも事実。だから、自分の使い方に照らして、いろいろ比較しながら最適のプランを選ぶようにしましょう。逆に言えば、自分流に選べる所が、格安SIMのメリットともいえるでしょう。

○
  • 月額料金が安くなる
  • プランが選べる
  • 2年縛りや契約自動更新がない
  • 通話エリアやつながりやすさは同じ
  • 速度制限がかかっても、大手通信キャリアほど遅くならない
×
  • 通話料金が割高になる
  • 音声通話に対応していないものもある
  • テザリングが利用できない場合がある
  • 通信速度が遅くなる場合も