そもそも生体認証って、何?

情報の漏洩や不正アクセスなどを防止するためのセキュリティ対策として注目されているのが、生体認証です。
生体認証は、個々の生体器官などの身体的特徴を利用して個人を特定し、本人確認する認証技術のこと。バイオメトリック認証(バイオメトリクス認証)とも呼ばれています。

biometrics01

生体認証の種類

生体認証には、さまざま種類があります。指先の指紋を使う指紋認証、顔で判別する顔認証、手の形で認識する手形認証、目の中の虹彩を使った虹彩認証、網膜で認識する網膜認証、静脈パターンを使った静脈認証、声の特徴で判別する声紋認証など、多種多様な人間の身体的特徴を利用した認証方法が開発されています。

個々の身体的特徴を利用するとはいえ、認証対象の特徴をすべて登録するわけではないので、完全に一致するものではありません。声や顔で認証するといっても、人間の身体にも日々の変化があるため、体調がすぐれず顔にむくみがあったり、喉を痛めて声が枯れていたりということがあれば、認証されない可能性もあります。

いずれにしても、今後は複数の認証方法を組み合わせるなどして、認証精度の向上が図られていくのは間違いないでしょう。

スマホに搭載されている生体認証

スマホや携帯電話を他人に見られたり、悪用されたりしないために、これまでは暗証番号を使ってロックをかけるという方式が主流でした。でも、暗証番号による認証は脆弱な上、暗証番号の管理が煩雑かつ面倒です。セキュリティ精度を高めるために暗証番号を複雑なものにすれば、それだけ忘れやすくなるという欠点もあります。そうした認証に代わるものとして登場したのが生体認証です。暗証番号のように記憶に頼ることなく、それぞれの身体的特徴を認証に利用することで、確実に本人を識別でき、盗難による不正使用の危険性が少ないことから、利便性の高い本人確認の方式として期待が高まっています。

スマホに搭載されている生体認証方式には、次のようなものがあります。

biometrics02-300x300

【指紋認証】
指の指紋を使って、本人を特定する認証方法。スマホに搭載されている指紋センサーを指先でなぞることでロック解除やアプリケーションの起動ができます。

biometrics03-300x300

【虹彩認証】
目の瞳部分の虹彩を読み取ることで本人を識別する認証方法。スマホの専用カメラで利用者の目を映すことで本人を認識、ロックを解除します。

biometrics04-300x300

【声紋認証】
最近では、一人ひとりの声の特徴を利用した声紋認証の開発も進んでいるようです。スマホのマイクに向かって発声すると、あらかじめ登録されている声紋と照合し、個人を特定するというものです。

biometrics05-300x300

【耳認証】
また、人間の耳穴の形状によって音の反響が異なるという音響特性を利用した新しい認証方法の開発も行われており、マイクと一体型のイヤホンを装着するだけでいつでも認証できるようになるという最新の研究も進んでいるようです。

最近のスマホは、セキュリティ機能の充実に向けた動きが活発化しています。指紋認証や虹彩認証などの生体認証機能の搭載が当たり前となり、今後、スマホを購入する際の基準として生体認証は欠かすことのできない機能の一つになっていくことでしょう。