保護フィルムがあれば、大丈夫?

えっ、だって液晶保護フィルム、貼ってあるから、大丈夫でしょ。
スマホのお手入れなんて拭けばいいんじゃないの、くらいに思っている人いませんか?
実は、スマホは意外と汚れているんです。タッチ操作で指紋や手垢、手汗が付いたり、通話で顔の皮脂やファンデーション、会話中に飛んだ唾が付着したり・・・。そう考えるだけでも、相当に汚れていそうですね。

dirty-smartphone-2x-1024x418

トイレよりも汚い!?

ネットで検索すると、

“男性トイレの水洗ハンドルの18倍もの菌が付着している!?”

なんてセンセーショナルな記事も出てきますが、真偽のほどは別としても、通常の使用でかなりの汚れがあるのは確かでしょう。素手で触って頰に接触するわけですから、水分と皮脂、手垢、汗など、雑菌が喜ぶ栄養分がスマホの表面に十分に付着していると考えれば、菌が繁殖してもおかしくない環境です。あまり神経質になる必要はないと思いますが、スマホを大切に使うという意味でも、こまめな掃除を心がけましょう。

ティッシュは、NG?

clean02お手入れは雑菌の栄養分になる脂と水分を拭き取ればいいわけですが、手軽にティッシュで拭けばいいのかというと、これはNG。ティッシュで拭くと、脂分が薄く表面上に伸ばされてしまうだけで、しかも細かい繊維が付着することで、かえって小傷がつく場合もあるので要注意です。
それなら、柔らかい手拭き用のウエットティッシュならいいかというと、これまた、含まれる成分によっては、画面のコーティングが剥げてしまう可能性があります。何を隠そう筆者も、ガラケー時代にこれをやらかした苦い思い出があります。ウエットティッシュを使うなら、香料や余分な成分を含まない液晶画面用のクリーナーを用意するようにしましょう。拭き取り跡が残ったら、最後に乾いた布で拭いておけば、仕上げがきれいになります。

水洗いしても、大丈夫?

最近は、防水仕様のスマホも増えてきたので、水で洗った方が早いし、きれいになりそうですよね。ネットでも、水洗いの方法や定期的な水洗浄をススメているところを見かけますが、そもそもスマホは精密機器。水は天敵です。防水仕様といっても、ただ水をかけて洗えばいいというものではありません。もし水洗いするなら、充電端子やスピーカー部分などから水が侵入することもあるので、処理方法についてしっかり確認してから洗うようにしてください。

clean03

メガネやレンズ用のクロスで、OK!

スマホのお手入れに最適なのは、OA機器やカメラ、メガネなどに使われるクリーニングクロス。キメ細かな繊維でできているので、画面を傷つけることなく、脂分や汚れをきれいに拭き取ることができます。ただし、付着したファンデーションなどが取れにくい場合に液体式やスプレー式のクリーナーを使う時は、画面に直接吹きかけると、内部に液体が侵入して思わぬ故障の原因になります。布などにつけてから拭くようにしましょう。

また消毒用エタノールなど、アルコール成分を含んだものを使うと、スマホの塗装が剥がれやすくなったり、ゴム素材を仕様しているパーツ、例えばイヤホン端子や充電端子などのゴムキャップの劣化を早めてしまう可能性もあるので、注意してください。研磨剤入りや界面活性剤を含んだものもNGです。心配ならば、スマホ専用のクリーナーを使うようにしましょう。

clean04

試してみたい、スマホ用のお掃除グッズ

clean05-300x202最近は、スマホ専用のお掃除グッズがいろいろ販売されています。クリーニングクロス、洗浄抗菌ワックス、スマホ用のコロコロ、スマホ用のルンバ、クリーナーポーチ、スマホ用の手袋など。こうしたものを試して、楽しみながらお手入れをするのもいいかもしれませんね。

いつでも肌身離さず、自分と共にある便利な道具、パートナーだからこそ、きれいに快適に使いたいものですね。