SIMカードスロット搭載のタブレットが、人気

MVNO(仮想移動体通信事業者)が提供する格安SIMの登場で、SIMカードスロットを搭載したSIMフリータブレットの人気が高まっています。

simfree-tablets-2x-1024x287

そもそもタブレットには、Wi-FiモデルとSIMフリーモデルの2種類があります。 Wi-Fiモデルの場合、ネットに接続するためのルーターやWi-Fiが必要で、外出時にはモバイルルーターを持つか、公衆無線LANに接続しなければ、ネットを利用できません。

一方、SIMフリーモデルなら、SIMカードを入れるだけでネットに接続できます。ルーターがなくても、Wi-Fiスポットがなくても、いつでもネットに接続できて便利です。

おすすめプランはこちら

格安SIMで、通信費削減!

SIMフリーモデルに注目が集まっているいちばんの理由は、格安SIMを利用できるから。容量によっては1,000円以下で利用できるなど、ノートパソコンなどの他の端末と併用せず、タブレット単体で持つ人にとっては、通信費を大幅に抑えられるメリットがあるわけです。もちろん、わざわざモバイルルーターを持ち歩く手間がなく、バッテリー管理の面倒から解放されることも考えれば、その利便性は魅力です。

海外でも活躍!
もう一つのメリットとして、海外で使える点があります。SIMフリーなので、海外への出張や旅行などの際に、海外で利用できるプリペイド式のSIMカードを購入すれば、現地でも自分のタブレットが使えるようになります。海外渡航の機会が多い人にとっては、心強いですね。

simfree02

百花繚乱
SIMフリータブレットは、各社からいろいろなタイプが出ています。7インチの小型のものからパソコン型でモニター部分を取り外すとタブレットに変形するタイプなど、さまざま。価格も2万円代から20万円代のものまでバラエティーに富んでおり、充実しています。

LTE対応が人気
こうしたSIMフリータブレットの中でも、最近はLTE対応のタブレットが人気となっています。LTEとは「次世代高速携帯通信規格」のことで、現在主流の携帯通信規格(3G)を高速化したもの。スマホのテザリングを利用せずに、格安SIMを使ってLTE対応タブレット単体で高速通信しようという人が増えているようです。

おすすめプランはこちら

SIMフリータブレットを選ぶ理由

では、SIMフリータブレットは、どのような人に向いているのでしょうか。大きなポイントは2つ。

①外出時にネットを利用する人
仕事などで、外出先でサイトを検索したり、プレゼンなどの際にネットを利用したりする人にとっては便利なツールになるはずです。

②通信費をできるだけ安く抑えたい人
格安SIMが使えるSIMフリータブレットは、通信にかかるコストを抑えられるのがメリット。自分の利用状況に応じた契約をすれば、大幅な節約になるでしょう。

実は、通話もできる!?

実は、SIMフリータブレットは電話機能を備えたものなら、スマホとして使うこともできます。今スマホを持っているけれど、電話利用が少ない人なら、むしろ画面も大きくて、機能面で優れたSIMフリータブレットを持つ方がいろいろな場面で活躍するかもしれませんね。

simfree-tablets-phone-2x-1024x312

格安SIMの登場とともに、各社ともラインナップが充実してきた今こそ、 SIMフリータブレットという選択肢も考えてみてはどうでしょう?